• 2014.11.26
  • コメントは受け付けていません。

パート薬剤師として働く前に注意すべき2つのこと

パート薬剤師として働く前に、職場の人間関係をチェック

せっかく空いた時間を活用してパートをするわけですから、その時間を充実させたいものですよね。なので職場選びには慎重になるべきです。ですので、薬剤師のパートを始める前に注意する事を2つご紹介します。

パート薬剤師として勤務する場合、調剤薬局など働いている人が少ない職場に行くことが多いのではないでしょうか。働いている人が少ないため、その人たちと一緒に働きたいと思うかというのはやはり重要です。

薬剤師は女性の方が多いため、女性特有の人間関係の難しさはありますし、勤務し始めてからやめておけばよかった、ということにでもなったら最悪ですよね。ですので、先にその職場にお客として行ってみるなど雰囲気を確認したり、どういう人がいるのか見ておくというのはパート先を探す上でも非常に大事です。

これは転職支援会社のコンサルタントに調べてもらうしかありませんが、子育て中のパート薬剤師が何人かいる職場であれば、急にシフトを変わってもらえたりできますし、うまくいけばママ友もできるわけです。転職支援会社にパート希望先の職場の人間関係やどういう人がいるのかを聞けば調べてくれますので、これは活用すべきです。

パート薬剤師の時給のせいで税金が、、、

薬剤師のパートを始める前にもう一つ注意することは税金です。働き始める前にどのくらいの時給で週にどれくらい働くのがある程度決めておく必要があるんですね。というのも103万円の壁というやつです(汗)

専業主婦の場合は、夫の扶養家族に入り配偶者控除、配偶者と区別控除を受けます。パートだとしても年収が103万円を超えると配偶者控除対象外となり税金を払う必要がでてきます。

また130万円を超えると社会保険についても夫の扶養対象外となり、自分で国保に加入して月々の社会保険料を払う必要が出てきてしまいます。つまり、150万円を稼いでも住民税と社会保険料を支払うと年収130万円以下の場合と時収入は変わらない事になり、めちゃくちゃ損をするんです。

薬剤師のパートは平均2000円と一般のバーとの2倍以上の時給で働けますので、税金の事はあらかじめ考えておく必要があります。これもめんどうなので転職支援会社のコンサルタントに相談しながら、年にどれくらい稼ぐか考えて求人を選ぶと良いでしょう。ブランクのある方は、税金を考えながらパート先を探すようにすることをおすすめします。

薬剤師のパート・アルバイトの求人はこちらへ。
看護師の夜勤バイトの求人はこちらへ。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る