• 2014.11.26
  • コメントは受け付けていません。

薬剤師のパートの悩み第1位は人間関係?

パート薬剤師が人間関係に悩む理由

パート薬剤師の職場は基本、ドラッグストアと調剤薬局。どちらにも共通していることは職場の人数が少ないということ。ということは一度人間関係でつまづくとずっと引きずってしまうのです。特にパート薬剤師の場合、非常勤のパート勤務なため正社員の薬剤師と比べて弱い立場にあります。パートは転勤がなく、休みも取れて好きな時間に好きなだけ働けますが、正社員からそのことに嫌みを言われる事もあるんですね。

当然そんなことを言われたらいらついてしまいますよね。パート薬剤師として勤務するときは、正社員薬剤師との人間関係が仕事の満足度を大きく左右します。パート薬剤師側からすれば勤務体系が違うだけで薬剤師には変わりないかと思いますが、正社員の薬剤師には正社員のプライドがある人もいます。いずれにせよ、パート薬剤師として勤務する前に求人に応募しようと思っている職場を見に行ってみるなどして事前チェックした方が良いです。

あくまでパート扱いで仕事にやりがいを感じられず

薬剤師のパートで人間関係と同じくらい悩むのが、やりがいのある仕事がまわってこないことです。パート薬剤師は常勤ではないために、日々の業務がシンプルのなものとなり、つまらないと感じてしまうんです。

パート薬剤師はあくまで人手不足を補助する役割と考えられるので、やりがいを求めてしまうと続けるのが難しくなる可能性があります。お金を稼ぐ目的のみでパートをやると割り切れる薬剤師さんであれば良いですが、もっと患者さんの役に立ちたい、責任のある仕事をしたいという方はパート薬剤師を経て正社員に復帰するなどの道を探した方が良いかもしれません。

求人に応募する前に必ず転職希望先を事前調査

先ほど、パート薬剤師として勤務する前に転職希望先を事前調査した方が良いと述べました。これ、本当に大事ですし薬剤師さんだからこそできることなのです。例えば医師や看護師の場合、小さな病院なら可能ですが自分の転職希望先の実態を自分の目で確認することは非常に難しいです。

調剤薬局やドラッグストアなら自分がお客さんとして見に行く事ができます。調剤薬局でお薬を渡されるのを待っている間にどういう人が働いているのか、誰が責任者なのか、などできる限り見る事が大事です。ドラッグストアなら薬剤師さんがどういう仕事をしてるのかチェック。レジや品出しばかりしていたら、自分もそうなるのかもと思ってしまいますよね。

複数回転職希望先にお客として行くのは若干面倒ですが、入社してからすぐに辞めたいと思うよりは絶対にましです。パート薬剤師は人間関係がうまくいくだけで働き心地も非常に良くなりますので、満足いく職場で働くためにも事前調査をしっかりやりましょう。

*薬剤師派遣に関する情報はこちら。

看護師をもう辞めたい, 今の職場を辞めたいとつい感じてしまう12の理由

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る