パート薬剤師が知っておくべき薬局の在庫管理

医薬品管理という視点

医薬品は劇薬、毒薬、向精神薬、麻薬、覚せい剤原料と法的にkなり方法が定められているものが多く、管理者として薬剤師の配置が義務づけられています。例えば麻薬の紛失や有効期限切れが生じた場合は都道府県知事へ届け出を行い、行政職員の立ち会いのもとに廃棄を行う事になります。

商品管理という視点

どのような商売でも在庫管理は重要な課題ですが、薬局においても同様です。特に医療用医薬品の在庫管理には他の商品にない以下のような問題があります。

欠品は患者さんの治療タイミングを逸してしまう危険性があるため、ある程度の備蓄量を確保しなければならない、在庫不足を理由に調剤拒否はできない、一般名処方の遅れで同成分医薬品を重複した備蓄を強いられています。そこで薬局ではパソコンで在庫管理を行い、さまざまな対策を講じています。卸からの購入を1錠単位で行なうこともあれば、近隣の薬局から小分け購入する事もあります。また不要在庫をグループ薬局間や近隣の薬局間で引き取り合う。ただし、製薬会社の合併やリサイクル表示などでPTPシートデザイン変更が頻繁にある現在は引き取りにも困難が生じることもあります。

SPDを取り入れる薬局も増える

このところSPD(Supply processing&Distribution)というシステムを取り入れる薬局も出ています。SPDとはさまざまな運用方法あhありますが、パソコンで入庫。出庫データを一元管理して一錠単位で使用した薬剤師分だけを契約卸に支払うというものです。

在庫管理の精度の高さは調剤義務の精度の高さと比例します。正確な調剤は廃棄ロスや管理誤差を減らし、適正な在庫管理は欠品を減らし、医療の質を担保します。優秀な管理薬剤師は近隣医療機関の採用状況、季節変動、長期投薬などのさまざまな要因を考慮して備蓄を行っています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る